アンデルセン アンデルセンより初のオーガニックコットンを使用したポロシャツやニットが登場

デンマークの伝統的なニットを提案するアンデルセン アンデルセン(ANDERSEN-ANDERSEN)より、初のコットンコレクションが登場。

これまでのウールと同品質のコットン製品を実現するため、理想のオーガニックコットンを探し求め、ハイブランドにも糸を提供する特別な紡績工場と、技術あるニット工場を見つけて製作した。長い年月着用できる頑丈さと、シンプルなデザインを特徴とするアイテムが揃う。

コットンクルーネック

COTTON CREWNECK

海軍のセーラーセーターを元に作られたブランド定番の型を、コットン素材で春夏仕様へ改変したアイテム。前後のない構造なので、どちらが前かを気にせずに着用することができる。

ポロシャツ ロング&ショートスリーブ

POLO SHORT

船乗りたちが昔から着用し、ポロシャツの原型になったとも言われているポロシャツをコットンで仕立てた。経年劣化と共にヴィンテージ感が出る、椰子の実の種が原料の高級ボタンを使用している。

ボートマン ロング&ショートスリーブ

BOATSMAN T-SHIRT

マリンTシャツと呼ばれる薄手のボートネックシャツ。こちらも前後対称で、前後ろのないつくりだ。冬場にコットンのアンダーウェアとして着用することもできる。

from https://www.fashion-press.net/news/27935

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です