TAN 2017年春夏コレクション – 素材とテクニックで広がるニットの可能性

日本発ニットウェアブランドのTAN(タン)が、2017年春夏コレクションを発表した。今季は、独自の素材使いやテクニックによりニットの新たな可能性を追求した。

 

まずはラメ糸を用いて、古き良きヴィンテージレースをイメージしたロングスカートやトップス。角度によって表情が変わる絶妙なきらめきと女性らしい透け感が魅力だ。スカートの裾には、緻密なレース模様がデザインされている。

そして異なる2色のニットを組み合わせた“カラーコンビネーションシリーズ”。ミリタリースタイルを感じさせるオリーブをキーカラーとした、ラップコートやエプロン風のスカートなどを展開した。よりニットプロダクトのイメージを広げるアイテムとなっている。

 

他にも目を引くアイテムは、釣り糸のような硬い素材で作り上げたノースリーブトップス。半透明な独特の風合いに、カーキのレースアップがアクセントに効いたユニークなアイテムだ。

2016年秋冬コレクションで、ダントツ人気だった「ビスチェ」は今季も登場。キャミソール型のデザインで、レース風の透け感のあるものや春夏に向けた薄手ニットのものが提案された。

from https://www.fashion-press.net/news/27049