ザ・ノース・フェイス、メンズアウター人気ランキング – ダウンやパーカーなど10選

「ザ・ノース・フェイス(THE NORTH FACE)」はアメリカ発のアウトドアブランド。ダウンやパーカー、パンツから、ブーツやリュックまで幅広いアイテムを取り揃える。特にアウターは高い人気を誇り、直営店舗にとどまらずアパレルショップでも存在感を放つ。

今回はザ・ノース・フェイスのアウターが人気を集める理由と共に、おすすめのダウンやマウンテンパーカーをランキング形式で紹介する。

「ザ・ノース・フェイス」アウターが人気の理由

1.高い機能性 – 温かくて軽い

高い機能を備えるザ・ノース・フェイスのアウターは、アウトドア・スポーツシーンはもちろんタウンユースまで、マルチに活躍してくれる優れもの。そのどれもが優れた保温性を持ち、軽量に仕上げられている。雪や雨、寒さを防ぐ耐水性・防風性を兼ね備えるダウンや、透湿性・ストレッチ性を持つパーカーまでバリエーションが豊富なのも魅力だ。

2. 洗練されたデザイン – コラボも多数

sacai2017-18年秋冬コレクションより
sacai2017-18年秋冬コレクションより

スタイリッシュなシルエットや色鮮やかなカラーリングなど、その高いファッション性も人気の理由。ナナミカ(nanamica)とタッグを組んだタウンユースライン「ザ・ノース・フェイス パープルレーベル(THE NORTH FACE PURPLE LABEL)」や、機能性や技術をシティウェアに落とし込んだウェアを展開するなど、アウトドア・スポーツウェアの領域に留まることのないアーバンな着こなしも提案している。

HYKE2018年春夏インスタレーションショーより
HYKE2018年春夏インスタレーションショーより

シュプリーム(Supreme)とのダウンジャケットや、ビームス(BEAMS)とのアウトドアアイテムなど、ファッションブランドやセレクトショップとのコラボレーションにも積極的。sacai(サカイ)の2017-18年秋冬コレクションで発表された「サカイ × ザ・ノース・フェイス」は絶大な人気を博し、2018年春夏にスタートするHYKE(ハイク)とのコラボレーションライン「HYKE×ザ・ノース・フェイス」にも注目が集まっている。

「ザ・ノース・フェイス」メンズアウター人気ランキング

<本格的なダウンジャケット>

1.ヌプシジャケット

ヌプシジャケット(メンズ) 34,560円(税込)
ヌプシジャケット(メンズ) 34,560円(税込)

まず最初に手に取ってほしいのは、冬のザ・ノース・フェイスの代名詞ともいえるダウンジャケット。1990年代を代表するヘリテージモデル「ヌプシジャケット」は、当時のデザインをそのままに、サイズ感を現代的にアップデートした。胸元と背中のロゴマークもポイント。中わたには断熱・保温性に優れたダウンを、表生地は撥水加工を施した強度のあるリップストップナイロンを使用するなどアウトドアシーンでも活躍する高い機能性を備えている。

アイコニックなダウンジャケットは、ベーシックカラーでコーディネートのまとめ役としても、レッドやイエローなどのビビットなカラーで主役に据えるのもおすすめ。フードはすっきりと収納することができるので、パーカーと重ね着してレイヤードを楽しむこともできる。

2.キャンプシェラショート

キャンプシェラショート(メンズ) 47,520円(税込)
キャンプシェラショート(メンズ) 47,520円(税込)

1969年に発売したアウトドア用ダウンパーカの原型とされているヘリテージモデル「シェラパーカ」のデザインを引き継いだのは「キャンプシェラショート」。大きなポケットが印象的なボックスシルエットのダウンは、ビンテージ加工と落ち着いたカラーリングで、より一層クラシカルな佇まいに。ボリューミーな見た目に反する軽やかな気心地も嬉しい。

from https://www.fashion-press.net/news/36187

ラフ シモンズの”東京”セーター、ドーバーギンザで限定発売

「ラフ シモンズ(RAF SIMONS)」と、ザ・ウールマーク・カンパニーによる100%メリノウールのセーターが、ドーバー ストリート マーケット ギンザで限定発売。

今回のコラボレーションでは、「東京」の文字を大胆にあしらったオーバーサイズのセーターが登場。2017-18年秋冬コレクションに登場した、「I LOVE NY」とデザインされたセーターをアレンジしたものだ。

短いボディに対してアームが極端に長くデザインされたセーターは、ラフ シモンズらしい絶妙なバランス感となっている。

from https://www.fashion-press.net/news/35470

トモエの新作バッグ「イントロ」持ち手の長さを自在に調節、トートバッグやバックパック

トモエ(TOMOE)の2018年秋冬コレクションから、新作バッグシリーズ「イントロ(INTRO)」が登場。2018年8月24日(金)から9月2日(日)まで、ユナイテッドアローズ(UNITED ARROWS) 六本木ヒルズ店にオープンする限定ストアで販売される。

 
ワンストラップ型トート 22,000円+税

「イントロ」シリーズの最大の特徴は、トモエが独自に開発したストラップシステムを採用している点。オリジナルプルアップ式アジャスターを操作することで、持ち手の長さを4段階に調節できる設計となっており、様々なスタイルを楽しむことができる。


横型ブリーフ 33,000円+税

素材はコットンのような質感のポリエステル素材を使用。さらっとした質感と適度なハリ感を兼ね備えたバッグは、シーンや季節を選ばず活躍してくれそうだ。


バッグパック 33,000円+税

「イントロ」シリーズのバッグは全5型。ビジネスシーンを想定したB4サイズの横型ブリーフ、A3サイズにも対応できる縦型トート、ユニセックスで使用できそうなワンストラップ型トート、バッグパック、ミニサイズクラッチを取り揃える。

ユナイテッドアローズ 六本木ヒルズ店の限定ストアでは「イントロ」シリーズの他にも、トモエの人気バッグが展開される予定だ。

from https://www.fashion-press.net/news/42214

「エヴァンゲリオン」Tシャツ&トートバッグ、メンズスキンケア「バルクオム」とコラボキット発売

メンズスキンケアブランド「バルクオム(BULK HOMME)」は、2020年に『シン・エヴァンゲリオン劇場版:‖』の映画公開が発表され注目を集めるアニメ「エヴァンゲリオン」とのコラボレーションアイテムを2018年9月10日(月)より2カ月間の期間限定で発売する。


©khara

メンズスキンケアブランド「バルクオム」がタッグを組むのは、エヴァンゲリオン新劇場版 公式プロジェクト「ラヂオエヴァ(RADIO EVA)」。バルクオムとのコラボレーション企画THE PLUSのために作られた、エヴァンゲリオンオリジナルデザインを施したTシャツ、トートバッグと、バルクオムのスキンケア製品がセットになって登場する。


T-SHIRTS+ワンデーキット

エヴァンゲリオンオリジナルデザインは、NERVのタイポグラフィなど、全3種類が用意される。いずれもブラック&ホワイトのモノトーンカラーでまとめられ、洗練された印象だ。


タイポグラフィック オブ ネルフ+ザ トナー200mL+ザ ボトル 200mL 11,500円+税

バルクオムのスキンケアを1日体験できる「ワンデーキット」はTシャツと1つに。TシャツはS、M、L、XLの4型から、自分好みのものをセレクトできる。オリジナルのトートバッグは、洗顔料・化粧水・乳液・スキンケアツールとセット。トートバッグはビックサイズなので、デイリーユースにぴったりだ。

from https://www.fashion-press.net/news/42042

ポロ ラルフ ローレン新作ウィメンズアイテム「ハイテック」大胆な原色パーカー&ラガードレス

ポロ ラルフ ローレン(Polo Ralph Lauren)より、「ハイテック(HI TECH)」シリーズのウィメンズアイテムが登場。2018年10月10日(水)より、ポロ ラルフ ローレン キャットストリートなど3店舗にて発売される。


ラガードレス 28,000円+税

2018年9月、ニューヨークのセントラルパークにて行われたポロ ラルフ ローレン 50周年記念イベント ランウェイショーでも発表された「ハイテック」シリーズ。1990年代のアイテムを現代風にアップデートしたスポーツウェアコレクションだ。


パーカ 28,000円+税

新作では、原色などを大胆に配したカラーブロッキングのセーターやパーカー、ラガードレスなどが登場。さらに、胸には大きくフォントロゴを配すなど、当時を彷彿とさせるデザインとなっている。

from https://www.fashion-press.net/news/43693

着心地抜群 2016秋冬 カナダグースCANADA GOOSE ダウンジャケット 2色可選

カナダグース コピーから、ゴア社の新素材「ゴアテックス インフィニアム(GORE-TEX INFINIUM) ソフトラインド シェル」を使用したユニセックスジャケットが登場。

「ゴアテックス インフィニアム ソフトラインド シェル」は、40年以上にわたり防水透湿分野において開発を進めてきたゴア社が、機能と快適をコンセプトに立ち上げた新ブランド「ゴアテックス インフィニアム プロダクト」で展開する新素材。レザーのような風合いと裏起毛により、薄手でありながら軽さと温かみを兼ね備え、優れた防風・防水性を持つ。

ザ・ノース・フェイスでは、この新素材を使用したジャケット2点を展開。

フーディタイプの「GTX パミールジャケット」は、ザ・ノース・フェイスで90年代から人気を誇るフリースの1つ「パミールジャケット」をベースにしたもの。アイコニックな肩切り替えや袖裏のエルボーパッチには、定番アイテムでも採用している撥水素材を用いた。胸のロゴ刺繍やフロントの前立てに使用したドットボタンは当時のデザインを再現し、クラシカルなムードに仕上げている。