洗練されたモンクレールダウンジャケットコピー

イタリアを中心にファッションアイテムとしての認知も上がっていく。また、現在も売上の半分をイタリアが占めているため、本社をイタリアに移している。1990年代には上流階級の人々に愛され、高級志向へとブランドが改革を始める。この頃よりシャイニーナイロンのような光沢が強いデザインが現れた。2005年に俳優の木村拓哉(きむら たくや)氏がCMでのモンクレールコピーエベレスト(EVEREST)を着用したことが起爆剤になった言われている。

モンクレールダウンコピー

当時としては珍しかった高い保温性とタイトなシルエット、洗練されたデザインをまとったブランド スーパーコピーダウンジャケットは、ビジネススーツにダウンジャケットをあわせるスタイルを急速に浸透させていく。一時期、あまりの需要の高さから予約しないと買えない、オークションで倍近い値段で取引されるなど、日本で大ブレイクを果たした。一般的なナイロン素材は、機能性だけを重視し、物足りなさを感じますが、シャイニーナイロンの、絶妙な光沢からは高級感も感じられ、今までのダウンの、カジュアルすぎる印象を覆したことが、モンクレールのダウンの人気の理由です。